2012年08月27日

温帯(C)について@ −CsとCw−

温帯について、CsとCwを中心に考えてみます


・温帯(C)について


 ※温帯は、以下のような特徴がある
  ・他の気候帯に比べて四季の変化がはっきりしている
  ・冬の寒さも夏の暑さも厳しくない
  ・人間活動が最も盛んな気候帯だとされている






地中海性(温暖夏季少雨)気候区Cs)について


 ・年降水量が比較的少ない

 ・降水の大半が、冬の亜寒帯低圧帯に発生する低気圧や前線によってもたらされる

 ・夏は亜熱帯高圧帯に入るため、高温になるものの、湿度が低いので夏をしのぎやすい

 ・夏の乾燥が強いため、乾燥に強い常緑樹が育つ

 ・夏の日射量が多い
  →そのため、オリーブやコルクがしなどの樹林作物、いちじくやぶどうなどの果樹栽培が盛んになる

 ・大陸の西岸で、乾燥気候帯の高緯度側にあたる地方に分布する
  ※そのため、地中海沿岸から西アジアにかけての地域に広く見られる

 ・南アメリカや北アメリカでは、緯度の関係と大陸の西部にある山脈の影響によって、
  狭い地域だけで地中海性気候区が分布する

 ・南アフリカやオーストラリアの南部では、緯度の関係で、狭い地域だけで地中海性気候区が分布する

 ・冬小麦の栽培は、長い歴史を持っている
  ※ただし、夏作には一般的に灌漑を必要とする
  ※カリフォルニアなどでは、稲作も行われている
  ※地中海沿岸以外でも、同じような農産物が栽培されている
 
 ・ヨーロッパ中北部の人々は、夏季に天気があまりよくないため、太陽を求めて地中海沿岸のリゾート地に
  長期滞在することが多い






温暖冬季少雨気候区Cw)について


 ・赤道低圧帯、季節風、前線帯などの影響で、夏に多くの雨が降る

 ・冬に気温が低くなるため、温帯に分けられるものの、低地の夏は熱帯レベルで暑い

 ・常緑広葉樹が茂るものの、高度や緯度が高まるにつれて、落葉樹や針葉樹も茂ってくる

 ・アジアの水はけのよい斜面では、茶も作られる

 ・それぞれの大陸上で、熱帯のサバナ気候区の高緯度側や、高度が高いところに隣接して分布している
  ※アジアでは、夏の前後に梅雨前線などの前線帯の影響を受ける、中国東北部(華中)や朝鮮半島にも分布する

 ・降水量は、一般に地中海性気候より多い

 ・温暖な時期に季節風や低気圧の影響で雨が多い
  →そのため、農業には適した土地であり、東アジアでは稲作が広く行なわれている


ポイント
・温帯(C)の概要をおさえる
・地中海性(温暖夏季少雨)気候区(Cs)についておさえる
・温暖冬季少雨気候区(Cw)についておさえる

このあたりが今回のポイントです


  
posted by はげまる at 16:12| Comment(0) | 地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。